節子への挽歌目次(3500〜)

挽歌目次 0〜3500〜

 

3501:人の縁 17/04/07
3502:人生を楽しくする方法 17/04/08
3503:老いの暮らしの喪失 17/04/11
3504:読書のスピードが上がりました 17/04/11
3505:女性が主役のグループは付き合いきれません 17/04/12
3506:手賀沼沿いの桜 17/04/15
3507:死の報道への違和感 17/04/16
3508:いのちのはかなさ 17/04/16
3509:音のない朝 17/04/17
3510:久しぶりのジャズ 17/04/17

3511:精神の老化 17/04/17
3512:自然の悲しみが伝わってくるような朝です 17/04/18
3513:終わり方を振り出しに戻しました 17/04/19
3514:節子の存在がいまもなお生きています 17/04/21
3515:鳩が巣を作りました 17/04/21
3516:人は居心地のいいところで人生を終える 17/04/22
3517:思いを放すことの大切さ 17/04/23
3518:心優しい人たちを思い出すと涙が浮かんできます 17/04/23
3519:体調が悪いと気持ちが暴発します 17/04/24
3520:眼科医に飽きてきました 17/04/25

3521:久しぶりに献花台をきれいにしました 17/04/25
3522:話を聴いてくれる人の大切さ 17/04/26
3523:人は、思わぬところで生きていて、思わぬ人に会っている 17/04/27
3524:ほっこりさに飢えてきた社会 17/04/28
3525:他者を悲しませない死 17/04/29
3526:賢治の愛のうた 17/04/30
3527:孫にお年玉をやるのを忘れてました 17/05/01
3528:大型連休の過ごし方 17/05/01
3529:やらなければならないことが多いと元気になります 17/05/03
3530:庭の手入れ 17/05/04

3531:こどもの日の手賀沼公園 17/05/05
3532:「今の私には響きません」 17/05/08
3533:生きるということはたくさんの幸運の上に成り立っている 17/05/08
3534:さらなる老後に備えて 17/05/09
3535:孫が1歳になりました 17/05/09
3536:男と女の生き方は本質的に違っている 17/05/10
3537:満月の夜空 17/05/12
3538:逃げている生き方 17/05/13
3539:軽い頭痛があって憂鬱です 17/05/14
3540:人間の存在自体がひとつの負債 17/05/17

3541:犬のように眠りました 17/05/18
3542:花かご会がまた受賞したそうです 17/05/19
3543:さやかな朝なのに体調がすっきりしません 17/05/20
3544:快い肉体的疲労感の幸せ 17/05/20
3545:人は支え合って生きている 17/05/21
3546:「淋しさは心の奥底からなくなる事はなく、だからよいのかもしれませんが。」 17/05/22
3547:土と孫との時間 17/05/22
3548:間違って4時半に起きてしまいました 17/05/23
3549:訃報は風のように伝わる 17/05/24
3550:単なる無我では寄り添えない 17/05/25

3551:今日は庭でオープンカフェです 17/05/27
3552:散歩市サロン 17/05/27
3553:「胃がんが見つかってしまったよ」 17/05/28
3554:75歳最後の朝 17/05/29
3555:76歳の誕生日 17/05/30
3556:76年はハレーすい星の周期 17/05/30
3557:76年目の人生が始まりました 17/05/31
3558:老人と若者といろいろじっくり話しました 17/06/01
3559:空海の過ち 17/06/02
3560:久しぶりのお墓 17/06/02

3561:クロスロード 17/06/04
3562:家でのんびりしたかったのですが 17/06/05
3563:今日もしっかりと朝食を食べました 17/06/0
3564:人は話すと楽になる 17/06/08
3565:山田寺の仏に会いました 17/06/09
3566:50年ぶりの新薬師寺十二神将 17/06/09
3567:朝の奈良公園を散歩しました 17/06/10
3568:敬愛する先輩との再会 17/06/11
3569:相談が押し寄せてきました 17/06/12
3570:遺言書を書いています 17/06/13

3571:久しぶりの頭痛 17/06/14
3572:ホームページを1か月更新していません 17/06/14
3573:また確保していたはずの日曜が埋まってしまいました 17/06/15
3574:部屋の南側に琉球朝顔を植えました 17/06/16
3575:子どもの心 17/06/17
3576:湯島で少し感慨にふけりました 17/06/18
3577:苦歴こそ宝 17/06/20
3578:ODSの思い出 17/06/20
3579:夏風邪のようです 17/06/22
3580:風邪を終えました 17/06/23

3581:熱い議論のサロンで風邪は完全に治りました 17/06/24
3582:若い女性が遠方から相談に来ました 17/06/25
3583:振り返れば「いい時代」 17/06/26
3584:輝いていた涙顔
17/06/28
3585:「それ以上に楽しい何か」 17/06/28
3586:少しうれしくなることもあります 17/06/29
3587:目標があれば人はがんばれる 17/06/30
3588:「そろそろ終活」 17/07/02
3589:私の時計が止まってしまいました 17/07/03
3590:安寧と平和を呼吸していた社会 17/07/05

3591:「人は出て行くより、出て行かれたほうが傷つく」 17/07/05
3592:私の時計がなかなか進んでくれません 17/07/06
3593:私にとっての一つの時代の終わり 17/07/06
3594:丸いスイカが食べたい暑さです 17/07/07
3595:「人とのつながりを捨てる」ことの魅力 17/07/08
3596:自己嫌悪していますが、だれも慰めてくれません 17/07/09
3597:カサブランカが咲きました 17/07/10
3598:難問をまた抱えてしまいました 17/07/11
3599:高月からの便り 17/07/11
3600:多惑の時代 17/07/12

3601:ミリンダ王の問い 17/07/13
3602:アントシアニン型幸せ 17/07/14
3603:「ぶらぶら」と生きる 17/07/15
3604:暑い夏には丸いスイカです 17/07/16
3605:もうひとつのこの世 17/07/17
3606:今年初めてのミンミンゼミ 17/07/18
3607:人はなぜ死を恐れるのか 17/07/19
3608:過去も未来の現在の中にある 17/07/20
3609:初秋の風 17/07/21
3610:相談が続いています 17/07/22

3611:悟りを感じさせた夢 17/07/23
3612:また少し「てんやわんや」の数日でした 17/07/25
3613:世間から解放された日の始まり 17/07/26
3614:すべては、身から出た錆 17/07/27
3615:歳をとるということ 17/07/27
3616:自分の歳は自覚できないものです 17/07/31
3617:『般若心経自由訳』 17/07/31
3618:ゴミ屋敷に住んでいるような状況 17/08/01
3619:i生きることの大変さ 17/08/01
3620:この世とあの世はつながっている 17/08/02

3621:死を繰り返すムスリム 17/08/03
3622:孫はなぜかわいいのか 17/08/03
3623:神戸のFさんにお世話になりました 17/08/04
3624:おもてなし文化 17/08/05
3625:手賀沼の花火 17/08/06
3626:人の繋がりには見えないことがたくさんあります 17/08/07
3627:世界中を笑顔で埋めていきたい 17/08/08
3628:今夏一番の暑さ 17/08/09
3629:杉本さんにまた宿題をもらいました 17/08/10
3630:気が熟すのを待つ生き方 17/08/11

3631:お盆が近づきました 17/08/12
3632:節子が帰ってきました 17/08/13
3633:すぎのさんの幸水 17/08/14
3634:鳩がまた生まれました 17/08/15
3635:何もなかったお盆が終わりました 17/08/16
3636:お盆休みボケがもどっていないようです 17/08/17
3637:野路さんのモモ 17/08/18
3638:「同事」
17/08/19
3639:靴を脱ぐ勇気 17/08/21
3640:順調に老化が進んでいるようです 17/08/22

3641:他の人々の生が自分の生を満してくれる 17/08/22
3642:「明るく死ぬ」? 17/08/23
3643:猛暑のお施餓鬼 17/08/24
3644:秋の気配とちょっとの憂鬱 17/08/25
3645:久しぶりにデモに参加しました 17/08/26
3646:他者の存在こそが、人に生きる元気を与えてくれる 17/08/27
3647:2日間また挽歌が書けませんでした 17/08/30
3648:コンセプトワークショップ設立29年目 17/08/30
3649:「自らの生き方」という幻想 17/08/31
3650:「3ヶ月働けばあと9ヶ月寝ていても大丈夫」な生き方 17/08/31

3651:「迷ったらやってみる」 17/09/01
3652:死にいくための食メニュー 17/09/02
3653:11回目の命日 17/09/03
3654:秋には一抹の寂しさがある。17/09/04
3655:相談を受けるよりも相談する相手が欲しいですが 17/09/05
3656:良い風も吹き出しています 17/09/06
3657:運不運。幸福不幸。 17/09/07
3658:人に会うのは「時期」がある 17/09/08
3659:久しぶりに友人に会うと時の経過に気づきます 17/09/09
3660:死に喜びを、生に恐れを 17/09/10

3661:節子に代わって庭の手入れを少しだけしました 17/09/11
3662:他者こそ一番すぐれた鏡 17/09/12
3663:「認知症」より「心身老衰」 17/09/14
3664:来年のカレンダーがもう売りだされていました 17/09/14
3665:夢の話 17/09/15
3666:余計かも知れないおせっかい 17/09/19
3667:銀行の残高を見て驚きました 17/09/20
3668:人が気付くのは、いつもすべてが終わってから 17/09/21
3669:すぎの梨園の王秋梨 17/09/21
3670:人の人生は死で終わるのではない 17/09/22

3671:「収」はあっても「支」はない人生 17/09/23
3672:時間があったのにお墓に行きませんでした 17/09/24
3673:貧しい人ほど幸せを得やすい 17/09/25
3674:死を意識すると生も意識できる 17/09/26
3675:あれは節子だったのか? 17/10/02
3676:2週間ほど中断した挽歌を復活させます 17/10/11
3677:「人の痛み」と「金の力」 17/10/12
3678:認識障害 17/10/13
3679:「いい人生だったのだろうか? 17/10/14
3680:歯が折れました 17/10/16

3681:自分を生きるということ 17/10/16
3682:歯がないだけでも日常に戻れません 17/10/17
3682:「癒える」こともなければ、「癒す」必要もない 17/10/18
3683:アイヌと共に1日を過ごしました 17/10/19
3684:人生のど真ん中が空洞 17/10/21
3685:あっという間の3時間 17/10/22
3686:壁か溝か 17/10/24
3687:毛髪回復作戦を開始します 17/10/25
3688:自分でさえ気づいていない自分 17/10/26
3689:生活リズムの乱れ 17/11/03
3690:挽歌を再開します 17/11/11

3691:他者を思いやる余裕がありませんでした 17/11/12
3692:「すべての知恵は朝に目覚める」 17/11/13
3693:節子に弔辞を語っていませんでした 17/11/13
3694:朝の3時に起きる勇気 17/11/14
3695:男性と女性の世界 17/11/14
3696:変えていく人生と変えないままの人生 17/11/15
3697:ほれぼれする女性 17/11/16
3698:意外なところで節子の知り合いに会いました 17/11/26
3699:生命が時間を生み出す 17/11/27
3700:平成生まれの若者 17/11/27

3701:記憶を思い出すたびに、記憶が世界をつくりだします 17/11/28
3702:節子の好きな富有柿 17/11/28
3703:本を読んでいると節子を思い出します 17/11/29
3704:愛されることよりも愛することの方がいい 17/11/30
3705:目が△になってますよ 17/11/30
3706:自分を開いて生きている人 17/12/01
3707:「見舞われ」 17/12/01
3708:朝風呂 17/12/02
3709:死へのおそれが理解できません 17/12/02
3710:人生はいろいろ 17/12/03

3711:冬眠 17/12/04
3712:できることを探すこと 17/12/04
3713:精神状態は身の回りに現れます 17/12/05
3714:「お前は強いな」 17/12/06
3715:誘拐犯? 17/12/07
3716:歳をとるにつれて自分がよく見えてくる 17/12/07
3717:あまりの寒さに心が不安です 17/12/08
3718:生きていることへの感謝 17/12/09
3719:千葉市で86歳のお年寄りに会いました 17/12/12
3720:会社時代の友人からのメール 17/12/12

3721:「生きる生」と「死までの生」 17/12/15
3722:「幸せな奥様」 8 17/12/16
3723:無言で問いかけると無言で答が戻ってくる 17/12/20
3724:10年ルール 17/12/22
3725:プレゼントをもらいました 8 17/12/23
3726:人はみな、それぞれにドラマをかかえている 17/12/24
3727:幸福の4条件 17/12/28
3728:お正月料理食材の買い物 17/12/28
3729:穴のあいたセーター 17/12/28
3730:早く目が覚めてしまいました 17/12/29

3731:10年ルールの危機をとりあえず乗り越えました 17/12/29
3732:読書三昧から読書惨敗へ 17/12/30
3733:恒例のお餅 17/12/30
3734:無事に年を越せそうです 17/12/31
3735:節子、生き方を少し変えます 18/01/01
3736:同行二人 18/01/02
3737:お正月のショッピングモールはやはり別世界です 18/01/02
3738:今年も年賀状を出しませんでした 18/01/03
3739:書を携えてまちに出よう 18/01/04
3740:「老老介護」 18/01/05

3741:空に雲がないのは太陽の輝きのおかげ 18/01/06
3742:はじめての「重ね煮」 18/01/06
3743:「迷惑をかけられることは決して不幸ではない」 18/01/07
3744:くら〜い気分の1日 18/01/08
3745:笑いと怒り 18/01/10
3746:こうもりの孤独さ 18/01/10
3747:「恵まれていること」 18/01/11
3748:成田山新勝寺への初詣 18/01/12
3749:独り寝の不安 18/01/13
3750:怒りの矛先 18/01/14

3751:自分を知れば知るほど、嫌な面が膨らみます 18/01/16
3752:「音のない記憶」が復刊されました 18/01/16
3753:社会からの脱落感 18/01/17
3754:春の予兆を感じたい 18/01/20
3755:雪が降ってきた 18/01/22
3756:「羊たちの沈黙」 18/01/22
3757:挽歌を書くことはできても、読むことはまだできません 18/01/22
3758:雪の朝 18/01/23
3759:長電話には気が抜かれます 18/01/25
3760:ルーチンができていませんが、元気です 18/01/2

3761:他者を気遣うことは自らの元気を生み出します 18/01/31
3762:孫の目線の先 18/01/31
3763:皆既月食 18/01/31
3764:幼なじみの集まりをすることになりました 18/02/01
3765:寒いので挽歌が書けません 18/02/02
3766:孫との豆まき 18/02/03
3767:庭がまだ荒れ放題です 18/02/04


■コムケアサロン「なぜ生きるのか」のご案内 18/03/20 おさむ
■カフェサロン「社会インフラとしてのお金と仮想通貨を考える」のご案内 お誘い 18/03/20
■カフェサロン「現代こそドラッカーに学び、人を活かす経営を考える」の報告 企業時評 18/03/19
■カフェサロン「霜里農場の金子友子さんの生き方」のご案内 お誘い 18/03/17
3790:一番支えが必要な人 妻への挽歌18 18/03/16
3789:孤独感 妻への挽歌18 18/03/15
■カフェサロン「改めて協同組合について考えてみよう」報告 経済時評 18/03/15
3788:「あなたに会うと元気をもらえます」 妻への挽歌18 18/03/14
3787:全身を包み込む「幸せ感」 妻への挽歌18 18/03/14 おさむ 受け付ける 受け付ける
■理性の公的な利用と私的な利用 政治時評, 生き方の話, 行政時評 18/03/14 おさむ 受け付ける 受け付ける
■カフェサロン「まわりにちょっと気になることはありませんか」へのお誘い お誘い 18/03/13 おさむ 受け付ける 受け付ける
3786:感激の再会 妻への挽歌18 18/03/11 おさむ 受け付ける 受け付ける
3785:人の生き方は変わらない 妻への挽歌18 18/03/11 おさむ 受け付ける 受け付ける
3785:読書作業に取り組んでいて挽歌を書きませんでした 妻への挽歌18 18/03/08 おさむ 受け付ける 受け付ける
■カフェサロン「日常生活の巡礼化」の報告 生き方の話 18/03/03 おさむ 受け付ける 受け付ける
■コムケアサロン「成年後見制度ってご存知ですか」報告 社会時評 18/02/28 おさむ 受け付ける 受け付ける
■リンカーンクラブ研究会がスタートしました 政治時評 18/02/23 おさむ 受け付ける 受け付ける
3784:ミニ同窓会 妻への挽歌18 18/02/22 おさむ 受け付ける 受け付ける
3783:また雪です 妻への挽歌18 18/02/22 おさむ 受け付ける 受け付ける
3782:「生きる」と「生きている」は違うなという思い 妻への挽歌18 18/02/21 おさむ 受け付ける 受け付ける
■カフェサロン「改めて協同組合について考えてみよう」のご案内 お誘い 18/02/21 おさむ 受け付ける 受け付ける
■誰でもサロン事業を始めます お誘い 18/02/21 おさむ 受け付ける 受け付ける
3781:平和な社会に向けて孤軍奮闘している人に会いました 妻への挽歌18 18/02/20 おさむ 受け付ける 受け付ける
■第2回リンカーンクラブ学習型サロンのご案内 お誘い 18/02/19 おさむ 受け付ける 受け付ける
3780:電話疲れ 妻への挽歌18 18/02/19 おさむ 受け付ける 受け付ける
3779:宇宙との縁を回復できそうな気配です 妻への挽歌18 18/02/19 おさむ 受け付ける 受け付ける
■3月縁カフェのご案内 お誘い 18/02/18 おさむ 受け付ける 受け付ける
3778:死前葬儀 妻への挽歌18 18/02/17 おさむ 受け付ける 受け付ける
3777:小さな常識、大きな常識 妻への挽歌18 18/02/17 おさむ 受け付ける 受け付ける
3776:人の死は人をつなぐ 妻への挽歌18 18/02/16 おさむ 受け付ける 受け付ける
■カフェサロン「半農生活と自分自身の人生経営計画」報告 生き方の話 18/02/15 おさむ 受け付ける 受け付ける
■「それがどうしたのか」 生き方の話 18/02/15 おさむ 受け付ける 受け付ける
3775:みんなそれぞれの中に生きている 妻への挽歌18 18/02/15 おさむ 受け付ける 受け付ける
■「与えられた権威」よりも自分の権威を大切にしたい 生き方の話 18/02/15 おさむ 受け付ける 受け付ける
3774:血圧の薬を飲みだしました 妻への挽歌18 18/02/14 おさむ 受け付ける 受け付ける
3773:自由になると見えてくるものがある 妻への挽歌18 18/02/14 おさむ 受け付ける 受け付ける
■「釣りにでも出かけるとするか」 政治時評 18/02/14 おさむ 受け付ける 受け付ける
■カフェサロン「日常生活の巡礼化」のお誘い お誘い 18/02/13 おさむ 受け付ける 受け付ける
3772:できることは待つことだけのこともあります 妻への挽歌18 18/02/13 おさむ 受け付ける 受け付ける
3771:なぐさみに花を摘む 妻への挽歌18 18/02/13 おさむ 受け付ける 受け付ける
3770:気力がないと挽歌が書けない 妻への挽歌18 18/02/13 おさむ 受け付ける 受け付ける
■カフェサロン「モノづくり企業の経営を支えるカイゼン」報告 企業時評 18/02/11 おさむ 受け付ける 受け付ける
3770:おせったい 妻への挽歌18 18/02/09 おさむ 受け付ける 受け付ける
■コムケアサロン「なぜ生きるのか」の報告 生き方の話 18/02/08 おさむ 受け付ける 受け付ける
3769:春がはじまりました 妻への挽歌18 18/02/06 おさむ 受け付ける 受け付ける
3768:魔界との通路 妻への挽歌18 18/02/05 おさむ 受け付ける 受け付ける